トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

生まれた月の宝石

誕生石(たんじょうせき)について、ほとんどの年頃の女性は自分の石はご存知だと思います。それほどなじんだ誕生石とは1月から12月までの各月にちなんだ宝石で、一般的に、自分の生まれた月の宝石を身につけると幸せを呼ぶといわれていて、人気の宝石が並びます。誕生石は国によって異なっているのも面白いですね。
国によって違う誕生石ですが、一番最初の選定は、1912年8月にアメリカのカンサス・シティーで開催された米国宝石組合大会で決められました。これを基にして、日本では1958年に全国宝石卸商協同組合が誕生石を制定しました。
有名な宝石が並ぶ誕生石。あなたの誕生石は何でしょうか。
18世紀以前には月ごとに宝石を取り替えて身につけるやり方が一般的でした。例えば、1月中はガーネットのジュエリーを着用し、2月にはアメシストのジュエリーを使用します。しかし今では自分が誕生した月の誕生石を通年で身につける人が多いのでは。月ごとに取り替えると12種類の宝石が必要ですが1年同じ石なら1種類で済み、経済的ですね。婚約指輪に誕生石を・・という人は少なく、現在では高級感あふれるダイヤモンドを贈るケースが圧倒的です。今では普段のおしゃれに気軽に誕生石を楽しむ傾向があるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分の生まれた月の宝石

誕生石(たんじょうせき)は女性にとても人気があります。みなさんも耳にすることが多いと思います。1月から12月まで決まっていて自分の生まれた月の宝石を身につけると幸せを呼ぶといわれます。でも国によって誕生石の石が違うのです。
今日の誕生石は1912年に米国宝石商組合で定められたものを基にして、日本では1958年に全国宝石卸商協同組合が制定した誕生石が古く、アメリカのものにサンゴ(3月)・ヒスイ(5月)が追加されています。
気になる誕生石、1つの月に複数の誕生石が決まっているところもあります。
幸せを呼ぶと言われる誕生石。女性ならぜひ身につけたいジュエリーですが、18世紀以前はその月の石を毎月

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年6月 »